二次会景品は何?

二次会景品だから安易に考えても構わないということでは全然ありません。ビンゴなどの体験を一度や二度したことがある人たちは、満足したことや、もっとこうした方がいいのになという思いがきっとあるはずです。あなたが幹事のときには、そのような思いを二次会の景品にあてはめて実現すれば良いのです。

やっぱり、景品が今ひとつだと、結婚式の二次会も盛り上がりにかけてしまうことになります。ただし、予算ということもしっかり考えて計画をしていかなければなりません。なかなか難しいことは難しいです。

いろいろ幹事の体験をしている人たちもいます。幹事は、一人で解決しようとせずに、いろいろな経験者からアドバイスを受けるのも大事です。そして、いろいろな人たちを巻き込んで、いろいろなアイデアを出してみましょう。そして、実際に参加する人たちに、このようにして欲しいという意見を聞くことも大事です。きっとそのようなモチベーションで、外さない結婚式の二次会にすることができます。

結婚式の二次会の幹事さんが、景品とどのように向きあえばいいか……ということを考えると、やっぱり、「いろいろな人たちのことを考える」ということになるのではないでしょうか。たった一人の人を意識して、その思いをしっかり満たせば、他の人たちに不満が当然起こります。つまり、そこで満遍なくいろいろな種類の景品を用意しなければならないということなのです。更に続けましょう。