ゲーム形式

幹事さんは、いろいろな場所でいろいろなアイテムを購入することができます。インターネットショッピングというのも方法です。愛情をもってインターネットショッピングで一つずつ購入してみましょうか……。しかし、幹事さんにそんな時間もありませんし。幹事さんは幹事さんで、自分の本業もしなければならないのです。

インターネットでチェックをすれば、それに特化したサイトもあって、そのような場所で、様々なジャンルの景品がバランスよくセットにして購入できるようです。時間がないけど、結婚式の二次会はなんとしても成功させなければならないという人たちは、是非、そのようなサイトに一度注目してみましょう。

参考リンク≪http://www.keihinshop.com/

結婚式の二次会の景品の予算は果たしてどの程度が妥当なのでしょうか……。高いほど、好まれるという訳でもありません。一人当たり1000円でも盛り上がる方法はあります。そもそも結婚式の二次会に、誰もが景品を求めている訳でもありませんし。

そのとき出席者が70人だとすると、7万円が景品予算最低総額ということになります。次には何を用意するかということです。最初に目玉の景品を用意して、バランスを変えてみても面白いかもしれません。盛り上げるためにゲーム形式にして楽しんでみましょう。